マルクの眼

千字一夜

"麺屋 久佐磨 -kusama-" 本日開店

本日、私の終生の念願であった"麺屋 久佐磨-kusama- "を開店し、みなさまにラーメンを味わっていただきたいという私の心からの希望が達せられました。これは私の生涯に於ける最大の喜びであります。 私の人生はラーメンによって開かれました。私はラーメンを…

悪意のあるコンテンツとしてのブログ

・歌 仕事でカラオケをした。年の離れた人達の前で歌いたくない!好きな歌を知られたくない!逃げたい!と思っていたのだけど、「有楽町で逢いましょう」という持ち歌があるのを思い出して歌ってみたら、「ビックリ隠し芸だわね」とおばさん役員に言われるく…

ゲイ鏡「ニベロの待ち合わせ」

平成で言う何年のことだったでしょうか。 今となっては昔のことですが、友人と待ち合わせをするため新宿二丁目にあったカフェ・ベローチェという喫茶店におりました時、前髪系・ゆるポ系の男性同性愛者があまた笑いさざめく中に、際立って齢を重ねた様子の男…

ネオ・ネット・ネオテニー

14才の男の子がエッチな画像をTwitterに投稿していて大変ショックだった。 精神が未熟なまま性的に成熟してしまうのが人間の自然とは言え、動物的な本来でいえば未熟なオスに性交のチャンスはない。なのにSNSの進歩は未熟な人とそれを手篭めにしたい人を簡単…

我が同窓

ノンケのチンコを食うかもしれない。 こういう話をするとウッとなって即座に読むのを止めてしまう人がいるけど、まあそれでもいい。そのノンケは私の高校の時の友人で、思えばもう10年の付き合いだ。年2回、夏と冬に会っている10人の友人の内の1人で、…

✴︎☆カワウソさま☆再発見☆✴︎

先日長崎県の対馬でツシマヤマネコの調査を行なっていた琉球大学の調査チームがカワウソさまの撮影に成功したそうです。たまたま写り込んでしまったと教授は言っていましたが、もしこれがニホンカワウソならば絶滅種の再発見ということで、絶滅種指定の取り…

クローン人間の活動について 前編

■前夜 古くから語られる陰謀論の1つにクローン人間によるスパイ活動がある。不老不死のサン=ジェルマン伯爵をクローン人間とする説があるが、私の知る限りで最も古いクローン計画は1920年代初頭のイギリスで始まったものである。 ■発端 第一次世界大戦の傷…

雑考

●鈍る 頭が鈍くなっている。加齢と思考停止のせいだろう。難しいことを考えないで、淡々と生きているからだ。会話もそう。予測可能で予定調和な会話ばかりしているので自分のテンポがなくなってしまった。貧すれば鈍する。貧しい暮らしをしている。 ●休む つ…

聞いた話

■山と婆あ アルバイトの女子大生から聞いた話。 彼女の父の実家は飛騨高山の山奥にある豪農で、広く田畑山林を所有している。父の兄である伯父が本家と土地を継いでおり、昔はたまに遊びに行ったが祖父母が亡くなってからは里帰りをすることもないそうだ。あ…

長い夢

寒村に住んでいて辛いのは春のこの時期だ。少しずつ伸びていく日照時間に誘われて、骨だけになった木から新たな生命が顔を出す。太古から未来永劫そこに在るように思われた分厚い雪も、熱い魂に身を溶かし土を汚いぬかるみに変える。山や生き物が再生ボタン…

徳島

旅行記が苦手。この記事も導入部分でつまずいて1月以上も頭を悩ませた末に書いている。なるべく淡々と簡潔に。 徳島に行ってきた。徳島はいいぞ。空気がいい。人もいい。たぶん。 www.awanavi.jp 後ろに座ったサラリーマンの足があまりに臭くて眠れなかった…

今夜

‪ドラッグストアのレジで鼻炎薬の精算をしていたら、小・中学生時代の友達を見た。彼が先に私を見つけ、しまったという顔で後ろ髪を掻きながら立ち去る横顔を見た。そんな顔をされなければ私は彼を思い出す努力もしなかっただろう。 名前が一文字違いの縁で…

ニッチと察知

恋愛について人に相談しない。理想が高い、傷つくことを恐れるな、積極性を持て。恋愛に関してポジティブな言葉を掛けられたことのない人間には不意の致命傷が怖い。怒りも悲しみもなくただ苦い記憶として沈殿した様々な思い出が少しの揺らぎに舞い上がって…

ツイッターランドで知り合った男の子に手を出して捕まった男の話は止めることにした。 直近で観た映画、“ラ・ラ・ランド”とそれについてのツイッターの反応が印象的だったので、私も感想をブログに書く。(字数がいつもの倍以上になった。) ラ・ラ・ランド(…

日本の皆様へ

このたび、2017年3月、ここ神奈川国立美術館を皮切りに、北は青森から岐阜、岡山、宮古島を巡る「大ヒモテ展-金と蜜の誘惑-」を開催し、我がヒモテ共和国が誇る至宝の数々を日本の皆様へご紹介できることは、私にとってこの上ない喜びです。 ヒモテの芸術文…

行こうか逃げようか

どこに向かってるのか分からない人を批判したり揶揄するより、どこにも向かおうとしない自分を恥じたい。少なくとも今の私はなんの努力もしていない。使わなくなった感覚たちが鈍っていく。また生きてるのがつらくなってきた。 しょっちゅう感じる生きづらさ…

リズムより響きより意味より

言葉について考えることが多い。説明を文書にして提出したり、紙・ネット媒体の記事を作成したり、そんな仕事をしているせい。そういったものは執筆上の縛りがとても多い。正しい言葉遣いと内容の平易さ、専門用語の解説も必要で、書く方も読む方もひと苦労…

お金と価値

ツイッターを見るとお正月休みに実家へ帰った人が多いようだ。カミングアウトしていない地方出身者は20代後半以降、帰省すると親戚から彼女の有無や結婚について詰められるらしい。盆暮れ正月に親戚と集まる文化がなく、成人式の3日前に家族の前でカミングア…

Ora Orade Shitori egumo

夏休みを挟んだだけでクラスの友人と疎遠になった私を叱ってくれた人は今でも親友だけど、疎遠になったクラスの人はもう顔も薄ぼんやりとしている。ニッコリ笑うだけじゃ人間関係が解決しない人生だ。 星野源のおこぼれに預かったか、薄顔の私も少しモテるよ…

あなたの瞳に映る私の話

最近やたらと目にするようになった「SNS(インスタ)映え」という言葉。インターネット黎明期なぞ私は知らないが、馴染みのある限りでmixiアルバムの太古から多かれ少なかれ「写真映え」という意識はあった。文字として生活の表層に現れ市民権を得てしまうとは…

最近の出来事

先日、大学時代の友人が結婚した。 ありがたいことにご招待にあずかって、結婚式から披露宴・二次会とフルで参加させてもらいました。都内にある神社での挙式はとてもステキで、神前式に参列するのが初めてだった私はえらく緊張した。 結婚した女友達は、趣…

眠さと悲しさとお天道さん

いつからだろう、眠気に包まれた身体が悲しみや不幸と結びついたのは。温かい布団でまどろむ時間が幸福に満ちていたのはいつまで?考えてもしょうがないことを考えている。どうせ二次性徴だろ、知ってるんだから。 私という人間の煮詰まりを感じる。煮詰まる…

リトル宇宙が走る夜

自分のことが好きな人をぞんざいに扱うのって独占欲の裏返しなのかな?好きな人に意地悪するのはなんだろうな?人間って難しいな。 上記じゃあないが、東京タラレバ娘の最新刊(今日現在)の巻尾の相談コーナーに、「自分のことが好きな異性は多かれ少なかれキ…

私は

25才になった日に恋人と別れ、またツイッターに浸かっている。フォローもフォロワーも少なくてストレスも少ない。持たない寂しさというのはいつでもあって、ついつい埋めたくなってしまうものだけど、ないほうが心は静かだ。恋人がいない苦しみより恋人と上…

デブニモナラズ

デブニモナラズガリニモナラズTシャツ一枚デ様ニナルソコソコノ身体ヲモチ 慾ハナク決シテ皮肉ラズイツモシヅカニワラッテヰル 一日ニビタミンヲ二錠トプロテイント少シノコラーゲンヲ飲ミアラユルヒトニジブンノカンジョウヲ見セズニヨクミキキシワカリソシ…

雑稿

トライアル・アンド・エラー 先々の生活について考えている。元来ネガティヴな性分で、高校の時分からリスクの少ない安定した生活を求めていた。結果として、17才の自分が描いた未来予想図にほぼ忠実な生活を過ごしている。もしそうなれなかったら25才までに…

toilet&sex〜リスク〜

トでセで有名な所にまた行ってみた。 私が兄と慕う阿久津さんと、プライドを捨ててセックスをしようねと誓いあったので(危険な要約)、それを実行しにきたのだ。 しかし私、自分からナンパしたこともないし(されたこともないけど)こんな所で声をかけるなんて…

彼氏の話

どうも昔の人の話ばかりしてしまう。症状が完全に老人のそれなんですけども。やはり完結した事象を批評するのは楽なんだよね。 さて、たまには今の彼氏の話をします。私は彼氏(自称 彼女)のことを名前か「子豚ちゃん」と呼んでいるのですが(豚に似ているから…

消えたとて浮かぶもの

タイトルのそれは名作だから是非調べて読んでくれよな。 いろいろな繋がりに囚われたように依存しているうちに、遠い過去から連れ帰ってきた人は未来を生きているようだった。 爽やかで、ノリがよくて、懐いてくれて、ノンケで、とことんスポーツマンで、と…

最近のことなど

ぼんやりとブログを書く。インド哲学や死の話をしようとする。 死は魅力的だ。タナトスそのものだ。 これは昨日海で拾った猫の骨。 左上の肩甲骨を見つけて、おやと思って周りを見渡したら骨が散乱していた。おそらく1年くらい前のもので砂の中で風化しとて…