読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルクの眼

千字一夜

じゃない方


今朝。
出社して気づく。夜から大きな会議があることに。いや、資料は随分前に作ってあるから大丈夫!勝った!と思い、念のために上司に確認。すると追加分資料作り直しの指示。今朝の9時……

もう修羅場。今日予定していた仕事と並行で打ち直しやら印刷やらに追われてツイッターも見れない。死だ〜〜死だ〜〜と1日ずっと死と向き合って、全ての印刷を済ませたのが16時半。いつもならあとの30分を古文書など読んで潰し17時に帰るものを、会議室の設営や準備に追われる。

そして18時。ツイッターで薄毛の写真を見て仲間意識が芽生え、一心不乱に増毛を行う。増毛中に役員が来ても「お部屋でお待ちくださ〜〜い」で済ます。もう会議なんてどうでもいい。ひたすら他人の頭皮をいじる。これぞ現実''とうひ''ってな!ガハハ!

そして会議。白熱の議論。飛び出す暴論。でも私は大丈夫。レッドブルと葛根湯を飲んだから。めっちゃ気分がハイだ!!!好き!!!会議!!!会議中めっちゃ笑っていた私を理事の方々はどう思ったかな。

そして議事終了。帰りだ〜〜帰宅だ〜〜と後始末。そしてやり切った達成感と喪失感。終わった…このまま死にたい…とまた死。人の事をメメント・モリなんて呼べないくらい死と向き合ってる。

欠席の役員に議事録と資料送らなきゃだし、明日は別の仕事で7時出社だし、あーーーーーーーーー。めちゃ生きてる。生きすぎてる。これが生?すごい。私は遊ぶぞ。断固として遊ぶ。もう生きるために遊ぶんだ。生きよう。生きるんだ。自分が生きることを理解できるのは死を意識するからだ。正しいメメント・モリだ。私がメメント・モリだ。

今月はめちゃ遊んで遊んで遊んで遊びたい。はよ春こいボケ。花見したいわ。わーーーーーーーい!!!!!!