マルクの眼

千字一夜

クローン人間の活動について 後編

前編→クローン人間の活動について 前編 - マルクの眼

 

■転換
1989年は世界にとって驚天動地の年であった。六四天安門事件、東欧諸国革命、ベルリンの壁崩壊、冷戦の終結……。幾重にも張り巡らされた陰謀・策謀・諜報。その中で先手を打ったのはソ連である。もはや止めることのできないソビエト連邦の崩壊を見越し、崩壊後も日本への影響力を維持するための方法として"クローン人間歌手製造"を構想する。歌詞による国民洗脳と、国内で活動する工作員への暗号発信を目的とした"万年雪(Вечный снег)"計画である。ソ連製クローンはウラジオストクの研究所からサハリンを経由し北海道へ運ばれた。クローンが活動を開始したのはソ連崩壊の翌年1992年、これがロシア連邦最高のクローン人間こと、JUDY AND MARYのボーカルYUKIのデビューであった。
■諸国の追従
クローン人間を公人化するソ連の捨て身計画に対し、すでにクローン技術を保有していた米・英・中・仏は当初批判的であった。しかし、間も無くその考えを改めることになる。軌道に乗ったJAMはヒットを連発。スターリン時代を懐かしんだ楽曲"Over Drive"や、崩壊後に独立した旧ソ連諸国への複雑な心境を歌った"そばかす"など、メッセージ性の強い楽曲を発表し続けた。これを脅威と見た先述のクローン保有国は、自国製クローンの歌手デビューを画策するようになる。
YUKI以後
ロシアから遅れること6年。1998年、イギリス・中国・アメリカ・フランスが次々にクローン歌手を世に送り出す。これが椎名林檎aiko宇多田ヒカル浜崎あゆみ、4人の歌姫である。

⚫︎椎名林檎[イギリス]

作戦名"不和の林檎"からアーティスト名を椎名"林檎"とした。大正〜昭和初期に日本で諜報を行ったクローン人間がベースのため、大正顔である。デビューして以来、観測される範囲で4回の個体交換を行っている。交換の度に顔を微修正しているため他のクローン歌手に比べ状態変化が大きいが、奇跡的に同一人物ということで通して来られた。クローン間の個体差によって、恋愛病→国粋主義→迷走→大衆娯楽と音楽性・精神性に変遷があるが、一応前任クローンの情報や記憶は引き継いでいる。しかしインタビューなどで「あの頃の私は何を考えていたんでしょうね(笑)」と自虐的に語ることも。整備士として亀田誠治がよく知られる。

 ⚫︎YUKI[ロシア]

"万年雪"計画からYUKIと名付けられたこのクローンは、感情を持たない。旧ソ連のクローン計画はイギリスのクローンを捕獲したことから始まったが、その名残りか、やや椎名林檎に似た容姿を持つ。自由主義陣営とは全く異なるアプローチで生体化学を極めた旧ソ連の科学技術の成果により全く衰えない容姿は、一種の不気味の谷である。近年の活動が注目される。

⚫︎aiko[中国]

アーティスト名は"可愛い女の子(可愛的女孩子)"から。容姿は中華飯店の入口にある人形に似る。中国共産党の隠し玉だったが、2002年の暮れに台湾へ亡命。以降は個体交換・正規のメンテナンスを受けられなくなったため精神不安定、心の翳りが濃くなる。「依然として共産党首脳部にパイプがある」との情報もあり、2017年発表の楽曲「予告」は世間を騒がせた。
⚫︎宇多田ヒカル[アメリカ]

抜群の歌唱力を誇る言わずと知れた平成の歌姫だが、2011年の人間活動宣言以降、アメリカからの足抜けを画策していた。2015年に椎名林檎と国家間トレードされる形でイギリスへの所属替えが認められた。椎名林檎はここ数年、キャバレー文化への憧憬を深めていたこともあり、アメリカへの所属替えを喜んでいたという。整備士が変わった影響か、イギリス所属以降で音楽に対するスタンス・歌唱に変化が見られ、クローン研究の上で注目度が高い。
⚫︎浜崎あゆみ[フランス]

フランス語での発音では「アユゥミ・アマザキ」。文化の発信地・ファッション大国としてのフランスの威信をかけてプロモーションが行われた結果、「あゆ以前・あゆ以後」と言われるほど日本人女性の歌唱法・ファッション・恋愛・生き方に大きな影響を与えたクローン。初期のメンテナンス・個体交換は過剰と思われるほどだったが、現在はフランスの財政悪化により停滞している模様。2010年頃、日本オタクのフランス人技術者が知能面を管理していたせいで、ツイートに「~な件。」「~だった件。」など痛い文法が目立った。

f:id:menono:20180910220548j:image

■世界とクローン

私が半生を費やして調査した日本に於けるクローン人間の活動については以上が凡そ全てである。現在の世界情勢で注目すべき北朝鮮アメリカの関係では、昨年、あるクローン歌手が発表した楽曲のタイトルが、ロシアがこの機に乗じて動くことを示唆しているのではないかと国際社会を騒がせた。その楽曲とは、YUKIの「暴れたがっている」である。

祈世界平和

 

終わり