読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルクの眼

千字一夜

思ったこと

ツイッターランドで知り合った男の子に手を出して捕まった男の話は止めることにした。

直近で観た映画、“ラ・ラ・ランド”とそれについてのツイッターの反応が印象的だったので、私も感想をブログに書く。(字数がいつもの倍以上になった。)

 

ラ・ラ・ランド(以下“ラ”)観た?どうだった?私はよかった、と思った。いい映画だなぁ、と。けれど釈然としないところがチラホラあって、前評判を聞いて泣く気マンマンで行ったのに全然ウルっとしなかった。ツイッターを見ると概ね好評といった感じで、ははぁさてはアタシ恋愛不感症でそういう繊細な感覚が死んだかと不安になって感想を書くことを躊躇っていた。ところが。

菊地成孔の『ラ・ラ・ランド』評:世界中を敵に回す覚悟で平然と言うが、こんなもん全然大したことないね | Real Sound|リアルサウンド 映画部

↑この記事。私がラを観てモヤついた所をすべて上手に言語化している。映画評論家らしい視点で。ただ、めちゃくちゃ口が悪いのでラを人生最高の映画だと思った人にどう映るのか私は知らない。

私も語っていい?ネタバレしていい?しちゃっていいのかな?全部、言っちゃうね。 

 

ラ、“男が作った恋愛映画”感がすごい。女も主人公だと思って観ていると痛い目にあう。ヒロインに自分を重ね合わせて感情を動かしながら恋愛映画を観るタイプである私は、鑑賞後に泣いてない自分に気づいた。彼女は表情も感情表現も豊かだったけれど、果たして生身の人間なのかと思うくらいステレオタイプ的な“女”だった。人間的汚さがない。感情移入しにくい。その感が極まったのが、おしゃれなお家ごはんのシーン。あの「恋人ってこんなキッカケで喧嘩するしこんな感じで別れちゃうよね~」感。ラのシナリオに於ける最も重要なシーンの一つなのに、心に残らない。男が失言して女を怒らせてっていう筋も、「ハハ、見ろよ。男ってこういう時にこんな酷いこと言って意地張ってぜんぶダメにしちゃうんだぜ?バカだろ?笑ってくれよ…。」という監督だか誰だか知らないがこれを考えた男の自嘲みたいだった。女は悪くない風に書かれてるのにはリアリティがないし、おかしい。セックス・アンド・ザ・シティなら怒った女がもっと理屈の通らない事を言いながらテーブルの上の物を掴んでは投げるなどひと暴れして「くたばれ!」と吐き捨ててドアを乱暴に閉めるはず。「あの時は俺が全部悪かったんや…」と自虐的に振り返れるから、卑屈な男にとっては極めて理想的な別れ方かもね。あとね、この“自宅で手の込んだ料理を用意して間接照明でムーディーな夜を演出”はフラグです。悪いフラグ。この後、絶対に激しい喧嘩になってどちらかが部屋を出て行き、残された人の怒り&悲しみとステキなお料理&おしゃれな空間の対比が痛々しいパターンか、折角準備したのにすっぽかされるパターンのどちらか。ハリウッド恋愛映画あるあるかよ。第31回ゴールデンラズベリー賞三冠に輝いた“セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー2”で観たサマンサの女体盛りの方が人間味がない?なぁ?悔しかったら大陰唇にワサビが沁みたとか言ってみろ!!ファッキンちんぽでもいいぞ!!やめろ言うな!!ミア!!(追記:女体盛り、1作目の方でした💦)

そう、わざわざ1人舞台を観に着てくれるステキな元ルームメイトの女友達も、見せ場はたった一回のミュージカルシーン…。そして、2人がもう恋人に戻れないことを印象付けるために出てきたあの子も…。ラ、2人の恋愛が主軸であり全てで、周囲の人間については少しも掘り下げない。時には2人の人間性すら。そういうのは無駄と思って排除しているのか?単純に世界観を広げられなかったのか。ストーリーに中身・深みがないというのは監督自身が示していることで、ラストの“もしも”の回想と同じ尺で本編も見せられる。むしろ、あの“もしも”ありきで、“もしものようにうまくいかない場合”を膨らませて肉付けしたのが本編のシナリオなのではないか?と思うくらい。が、ラストの演出はそれだけ力が入っているようで際立って良い。アレが途中でアレを立つのも良い。アレがアレしてアレが合うのも良い。良い〜〜!!ニヤリ、あ〜〜!!となった。あのシーンは誰でも自分の恋愛と重ね合わせられるのではないでしょうか。

で、観終わった後の感動とか高揚を一旦脇によけると、“過去の恋愛を振り返る男の話”に見えてくる。ラストシーンだけでなく全編が回想。女を悪者にしたくないあまりに女を美化しすぎた思い出、或いは男の自虐。悪意を込めて言えば「あの女、ほんまえぇ女やったなぁ…わしが偏屈で不甲斐ないばっかりに苦労させたけど…今は幸せそうでよかったわ…俺もそこそこ楽しくやってますわ…こっちは心配せんと、ご主人と達者でな…( ◠ー◠ )」と。いや、そんな悪意をもった見方をする事もないんだけど、極端に言えば、ね…。女々しくも男に偏った目線で過去の恋愛を語るところに同族嫌悪しているんだと思う。

もうとにかく色々考えてしまう映画だった。よく出来た綺麗な作品だし、音楽もダンスもキャストの演技も本当に最高だったね。地上波で放映したら観ると思う。そんな気分。

 ここまで悪口を書き連ねといてアレだけど、こればっかりは完全に個人の恋愛観と好みだと思う!ラ・ラ・ランド、よかったです!

 

おわり