読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルクの眼

千字一夜

最近の出来事

日常

 

先日、大学時代の友人が結婚した。

ありがたいことにご招待にあずかって、結婚式から披露宴・二次会とフルで参加させてもらいました。都内にある神社での挙式はとてもステキで、神前式に参列するのが初めてだった私はえらく緊張した。

結婚した女友達は、趣味も見た目も私とは違って華やかな美人。なのに価値観が似てて、俗に言う"ウマが合う"って感じ。卒業旅行に二人で海外に行くくらい仲がいい。もう一人女友達を加えた三人で卒業後もしょっちゅう会っている。

そんな関係なので当然 私がゲイなこともご存じだし、実は人生で最初にカミングアウトした友人たちでもある。

親友と公言して憚らない私たちは、学生時代から顔を合わせれば恋愛の話ばかり。あの頃は男運のなかった彼女が、今 高砂席で優しそうな新郎に微笑みかけている。

私は嬉しかった。そして同時に、今までのように会えなくなる寂しさや、今後も友人がこうやって次々に結婚していき、既婚者特有の悩みやライフイベントを経て、独身の私から離れていってしまうのだろうと感じた。お酒がすすんだ。でも、これってよくあるゲイ(あるいは独身女)の悩みだな、とも感じていた。

朝、7時15分に家を出て、9時から友達と原宿のヘアサロンで髪をカット。終わって式場の入り時間までスタバで朝ごはんを食べ歯を磨きネクタイをしめてご祝儀を確認して…と慌ただしく過ごし、披露宴の頃には疲労in'。

絶え間なく注ぐシャンパンと日本酒とビール。目の前には幸せそうな新郎新婦。愛しさの意味を知る。However,私の背中には業。

同じテーブルの、初めてお会いする新婦友人たちには私のことが知られていた。「あ、めのさん!?」の一言に嬉しさよりも戸惑い立ち止まる。う〜。ゲイバレしているのは別にいいんだけどね、これもゲイリブよ。でも彼女らは私の仕事の話に食いついた。20代にとっては珍しさが「私の職業>ゲイ」なんだね。

そんな訳でゲイを隠す必要もなく、幸せオーラとアルコールにやられた私は、新郎友人のイケメンを眺めながら「眼福だな〜」と呟いていた。二次会のゲームでは眼福さんの名前を聞き出し、ノリに任せて一緒に写真撮ろうとしたら酔っぱらいのせいで失敗したり、新婦友人たちと一緒に新郎友人を値踏みして遊んだ。今後も結婚式ではこうやって時間を過ごせるな…と思い、オープンゲイでよかったと思った。よくない。