読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルクの眼

千字一夜

オカルト太郎

日常
心霊スポットに住んでいる。

高校を卒業する頃、自分の実家が市内では心霊スポットとして有名だと知った。それを知った経緯は、友達に「近くに心霊スポットがあるよ」と教えられたこと。それがうちだった。笑える。

家に帰って親に聞いてみたら、隔離病棟だとか葬場だとか、まぁそんな類の建物が建っていたところらしい。言われて見れば思い当たる節がある。

小学生の時分、友達と家の近くの公園で遊んでいたら、植え込みの土の中になにかあった。ワクワクしながらみんなで掘り返すと出るわ出るわ、理科室の棚にあるような瓶がたくさん。

かなり古くて割れているものも多かったけど、茶色い大きな瓶が一つ無傷だった。掘り出して手に持つと、中でピチョンピチョンと音がする。そして栓が閉まっているのに変な臭いが漂う。

急いで瓶を元の場所に戻して手を洗い、何事もなかったように遊んで忘れた。
もしかしたらあれは死体の保存に使われる薬剤の瓶だったんじゃ?

あと、小さい頃は家の中でよく女の子を見た(ような気がする)。
影みたいな、顔の見えない8歳くらいの子がよく家の中を走っていた。パタパタする足をよく見た。

夢の中では姿がはっきり見えて、隠れんぼをしたこともあった。女の子を探して押入れを開けるとニタァと笑ったその子が体育座りをしてい見上げている夢。
夢といえば、誰もいないはずの家で誰かに会う夢も見たし、現実にも留守番中に人の気配を感じることもあった。

書き出すと意外なくらい多い。
しかしそれ以上に嫌な話を親はしていた。
この跡地に建てられた家に住む子は、必ず一人おかしくなる、というやつ。詳しく言えないけど、跡地に建つ家・マンションに住む世帯を見ると本当にその通りだ。必ず子どもの中に一人。

最近話題になってる「残穢」という映画のあらすじを見て思い出した話。
「念」と呼ぶには抵抗があるけど、悪い雰囲気や空気が停滞残留するように感じることはある。

ちなみに、小学生のときに見つけた瓶は公共施設の大量不法投棄として数年前に問題になり、ローカル紙で報道された。
目や口に入れば危険な薬物の瓶もあったとか。