読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルクの眼

千字一夜

2/300


前にやりとりをしてた年上のゲイが、LINEのタイムラインに
「俺が企画したイベントに300人きた!盛り上がったぜ〜!」
というコメントと共に写真を投稿していた。

その人が最前列中央にいて、その後ろには顔も判別できないほど大勢の人・人・人……。
300人の集合写真。

(まぁ目立ちたがりのベンチャーの社長様だからさも在りなん。)
くらいに思ってた。

翌日。

Facebookを見ていたら、幼稚園から小中学校まで一緒だった友だちが投稿していた。

かわいい女の子を両側に侍らせて、キメ顔でパシャリ。
大勢とセルフィー。海。焼かれた肉。
そして最後に集合写真。

そう、その集合写真、昨日も見たやつ。

やっぱり最前列にはゲイの社長さん。

全然関係ない私の知り合いが変なところで繋がった驚き。

そういや同級生は意識高い系ベンチャーに就職してたなぁ。

まぁ集合写真では彼、判別できなかったんですけどね。

後ろにはいたんだろうさ。

最前列で笑ってるそのイベントの企画者が、年下ホモにテレホンセックスを執拗に懇願する変態とは露知らず、お前はイベントに参加してはしゃいだんだなぁ。

テレセしたいが為に金儲けの方法をペラペラ話しちゃう社長にも近づけない同級生の楽しそうな笑顔を、複雑な気持ちで見ていた。