マルクの眼

千字一夜

日常

行こうか逃げようか

どこに向かってるのか分からない人を批判したり揶揄するより、どこにも向かおうとしない自分を恥じたい。少なくとも今の私はなんの努力もしていない。使わなくなった感覚たちが鈍っていく。また生きてるのがつらくなってきた。 しょっちゅう感じる生きづらさ…

お金と価値

ツイッターを見るとお正月休みに実家へ帰った人が多いようだ。カミングアウトしていない地方出身者は20代後半以降、帰省すると親戚から彼女の有無や結婚について詰められるらしい。盆暮れ正月に親戚と集まる文化がなく、成人式の3日前に家族の前でカミングア…

Ora Orade Shitori egumo

夏休みを挟んだだけでクラスの友人と疎遠になった私を叱ってくれた人は今でも親友だけど、疎遠になったクラスの人はもう顔も薄ぼんやりとしている。ニッコリ笑うだけじゃ人間関係が解決しない人生だ。 星野源のおこぼれに預かったか、薄顔の私も少しモテるよ…

最近の出来事

先日、大学時代の友人が結婚した。 ありがたいことにご招待にあずかって、結婚式から披露宴・二次会とフルで参加させてもらいました。都内にある神社での挙式はとてもステキで、神前式に参列するのが初めてだった私はえらく緊張した。 結婚した女友達は、趣…

リトル宇宙が走る夜

自分のことが好きな人をぞんざいに扱うのって独占欲の裏返しなのかな?好きな人に意地悪するのはなんだろうな?人間って難しいな。 上記じゃあないが、東京タラレバ娘の最新刊(今日現在)の巻尾の相談コーナーに、「自分のことが好きな異性は多かれ少なかれキ…

私は

25才になった日に恋人と別れ、またツイッターに浸かっている。フォローもフォロワーも少なくてストレスも少ない。持たない寂しさというのはいつでもあって、ついつい埋めたくなってしまうものだけど、ないほうが心は静かだ。恋人がいない苦しみより恋人と上…

雑稿

トライアル・アンド・エラー 先々の生活について考えている。元来ネガティヴな性分で、高校の時分からリスクの少ない安定した生活を求めていた。結果として、17才の自分が描いた未来予想図にほぼ忠実な生活を過ごしている。もしそうなれなかったら25才までに…

toilet&sex〜リスク〜

トでセで有名な所にまた行ってみた。 私が兄と慕う阿久津さんと、プライドを捨ててセックスをしようねと誓いあったので(危険な要約)、それを実行しにきたのだ。 しかし私、自分からナンパしたこともないし(されたこともないけど)こんな所で声をかけるなんて…

彼氏の話

どうも昔の人の話ばかりしてしまう。症状が完全に老人のそれなんですけども。やはり完結した事象を批評するのは楽なんだよね。 さて、たまには今の彼氏の話をします。私は彼氏(自称 彼女)のことを名前か「子豚ちゃん」と呼んでいるのですが(豚に似ているから…

元カレ レスト・イン・ピース

高校のクラス会に参加した。 変わんないね〜とか痩せたね〜など、的外れな女子からの評価を受けたり、ソリの合わなかった同級生とソリの合わなかったイジリをして遊んだ。会いたくなければ会わなくていいし、利害関係がなくて気楽なもんだ。社会人になって割…

イカホモGO

ポケモンGO、さぞかしゲイの間で流行っていることだろう。 ゲイは情報強者かつ最新のものをさらりと使いこなすスタイリッシュでオシャレな存在でいたがるきらいがある。きっとゾンビのように東京をウロウロして、それをさも「全然歩いたり努力してませ〜〜ん…

深夜一時の防衛本能

久々に風邪をひいてしまい、この5日ほどかなりしんどかった。咳が止まらないので夜も咳で目覚める始末。 この風邪のせいで遊ぶ約束を2つも断ってしまい、仕事も休んだので職場や家人にも迷惑をかけた。なにより自分が苦しかったので反省しきり。よく考えて行…

Wake Me Up

脳の半分が停止している感覚ってありませんか。脳の外側の50%がもやつく。こんな時は物忘れとか大事な仕事のすっぽかしがありそうで怖い。今みたいな季節のいい頃は出かけたいものだけど、日常がそれを許さない。ゲイどころかノンケの友達とも数ヶ月あってな…

リンゴロン

アプリもやめ、ツイッターもやめ、ゲイ的には出家しているといっても過言でない。平安時代なら上皇か法王になっているお年頃だし、オトナかわいいを極めてしまったレディーガガもとい私はゲイという枠に居心地の悪さを感じているので次のステップ進みたいの…

冬去りて なにやらゆかし Loading

彼氏と音信不通になって四日が経つ。今回はどうにも事情ありげなので、とにかく待つことにした。これについて、当事者でもないのにわけ知り顔に語るのもおぞましく、我こそは浅はかで御座いと口上を述べるようで見ていられない。ややもすると、個人のことや…

オカルト太郎

心霊スポットに住んでいる。高校を卒業する頃、自分の実家が市内では心霊スポットとして有名だと知った。それを知った経緯は、友達に「近くに心霊スポットがあるよ」と教えられたこと。それがうちだった。笑える。家に帰って親に聞いてみたら、隔離病棟だと…

自明の権利としての好奇心

昨日、自転車で川沿いを6時間走るだけのささやかな運動兼散策をした。東京で美術館を巡るか、文書館で調べ物をするか、はたまた家で文章を書いて過ごすか、そんな事で悩んでいたら午前はあっという間に過ぎて、結局、少し書きものをして外へ出た。一日家に居…